読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ大復刻祭

某Web百科事典にせっせと書いていたのですが、削除されてしまいました…。正しい歴史として残したいのでとりあえずこちらに書きます。

ジャンプ大復刻祭とは

「ジャンプ大復刻祭」とは、「少年ジャンプ+」が2014年から2015年にかけての年末年始に開催したネット上のイベントです。Twitterにてハッシュタグ「#ジャンプ復刻希望」を付け、復刻連載(連載終了作品の再掲載)を希望する作品名と、その作品に対する熱い思いをTwitterで投稿するものでした。その熱いツイートが復刻連載の決め手となるとされ、ルールは一人1作品のリクエストではありますが、その作品への思いは何度でもツイート可、というルールでした。(参考:少年ジャンプ+公式Twitter)(募集要項ページは現在消えていますが、審査員となるジャンプ編集部が考える「俺のジャンプ」などが書かれていました。審査員は編集長の瓶子さんと、齊藤さん、あと一人お名前を失念してしまったのですが、その3人でした。)

この「ジャンプ大復刻祭」にて、大亜門先生の『太臓もて王サーガ』の復刻連載が決定しました。つまり、復刻希望のリクエストが多く、読者からの思いが熱かったための復刻連載決定です!同時に復刻連載が決定した作品は、天野明先生の『家庭教師ヒットマンREBORN!』と古味直志先生の『ダブルアーツ』でした。(参考:少年ジャンプ+公式Twitter

2015年3月1日から1カ月の期間限定で「少年ジャンプ+」にて復刻連載が開始し、「ジャンプ大復刻祭」のサイトには描き下ろしイラストと3コマの漫画も掲載されました。『太臓もて王サーガ』の単行本は絶版していましたが、復刻連載に伴い2015年3月1日から電子書籍で発売されました。同じく絶版していた『大亜門短編集 クレイジー大亜門道』と、まだ単行本が発売中でしたが発行部数の少なかった『わたしはキャワワワ!!』も、2015年4月1日から電子書籍で発売が決定しました。(参考:「大亜門のふつうブログ_2015-02-22」

なかなか正しく書かれないタイトル

少年ジャンプ+や複数のニュースサイトが「ジャンプ大復刻祭」での復刻連載決定の話題を取り上げたのですが、正しく「太臓もて王サーガ」と書かれたケースはなかなかありませんでした。

ジャンプ関係者からの反応

終わりに

このイベントには私もTwitterハッシュタグを付けて何度か投稿しました。過去には電子書籍販売サイトなどにもリクエストを何度か送っていました。『太臓もて王サーガ』は2007年に連載が終了しましたが、2012年頃には絶版となっていました。なので、復刻連載と電子書籍化が決まり、ファンとして本当にうれしかったです。長い間待ち望んでいたことが叶いました。このようなイベントを企画してくださって感謝です!

「ごりさに」

大亜悶(門)先生による刀剣乱舞の同人誌「ごりさに」。2016年7月7日現在、1~3まで出ています。

f:id:ikwhvdrm:20160709232405j:plain

「ごりさに」1~3でどんなパロディがあるのかを集めました。ネタバレがありますのでご注意ください。


ごりさに1

2016年2月21日発行。
www.pixiv.net


表紙の鯰尾藤四郎のポーズ

美少女戦士セーラームーン』の「月に代わっておしおきよ」のポーズですね。
刀剣乱舞ではキャラクターが「真剣必殺」という技を出すことがありますが、これは鯰尾藤四郎の真剣必殺のときのポーズが似ているからだと思います。
f:id:ikwhvdrm:20160707033515p:plain
(↑「刀剣乱舞」の「刀帳」より)

蜂須賀虎徹の「セブンセンシズ

「ごりさに」での主人公・蜂須賀虎徹は金色の服を着用しており、『聖闘士星矢』に出てきてもおかしくない格好をしています。「セブンセンシズ」は『聖闘士星矢』に出てくる用語です。

蜂須賀虎徹の「ほももがもな~」

花の慶次』に出てくるセリフのようです。(「ひでぶ」みたいな。)

五虎退のおでこに書かれた「中」の字と「猛虎百歩剣」

闘将!!拉麺男』に登場するラーメンマンの技「猛虎百歩拳」が元ネタみたいです。


1980年代、90年代のジャンプ作品のパロディが多いですね!私はジャンプを読んで育つ生活をしていなかったので、詳しくはわかりません…!

ごりさに2

2016年3月13日発行。
www.pixiv.net

パロディなし、でしょうか?私は見つけることができませんでした。

ごりさに3

2016年5月22日発行。
www.pixiv.net

表紙の蜂須賀虎徹

ジョジョの奇妙な冒険』第3部に登場するホリィさんが元ネタですね!DIOの呪縛によるスタンドに苦しむホリィさんの姿です。


以上、見つけたパロディでした。

大亜門先生は商業誌デビュー後は「TIGER&BUNNY」の同人誌を2冊出されていますが、どちらもパロディはほぼありません。「ごりさに」でもパロディはかなり少なめです。大亜門先生の商業誌作品はパロディがとてもおもしろく、パロディで有名なところがあります。しかし大亜門先生はパロディだけじゃないよ、と再認識できるので、同人誌もおすすめです!

奨学金の話

奨学金の話。

  • 高校一種  61万2000円
  • 大学一種 254万4000円
  • 大学二種 480万0000円(利子付きで535万7861円)
  • 合計 795万6000円(利子付きで851万3861円)

私はこれらを4年半で返しました。
生活を切り詰めていたわけではありません。

就職活動を頑張って、お給料の良い会社に入ることができたからです。

就職活動でも仕事でもつらくて泣きまくりました。
でも800万も奨学金があるから途中であきらめることはできません。

また、私は吃音(きつおん)という言語障害を持っています。
吃音障害者手帳をもらえる障害ではありません。)
特に就職活動は、普通に言葉を発することができる人より難しかったと思っています。

奨学金を返せないと言っている人や就職する選択肢をあきらめた人には、
申し訳ないですが「本当に頑張ったの?」と思ってしまいます。

「呻吟(しんぎん)」という言葉があります。意味はうめき苦しむことです。
「呻吟するほど悩んだの?呻吟するほど頑張ったの?」と言われたことがあり、
私はこの言葉をよく思い出します。

どうか、あきらめないで頑張ってほしいです。



高校一種  61万2000円
f:id:ikwhvdrm:20160321140015j:plain

大学一種 254万4000円
f:id:ikwhvdrm:20160321140019j:plain

大学二種 480万0000円(元金)
f:id:ikwhvdrm:20160321140026j:plain

大学二種 535万7861円(元金+利子)
f:id:ikwhvdrm:20160321140032j:plain

「太臓もて王サーガ」での呼び方・呼ばれ方

太臓もて王サーガ」での呼び方・呼ばれ方をまとめました!

気になってほぼ全キャラを調べていたら画像ファイル6枚になってしまいました!
ファイルは下部にアップしています。

基本的な一人称にも特徴があるのが興味深かったです。
太臓・宏海・乾は「オレ」、悠・木嶋は「俺」、矢射子は「あたし」、あいすは「私」です。
悠は太臓に対してのみ「私」を使います。

いくつか「あれ?そんな呼び方してたっけ?」「どこで呼んでた?」という箇所があると思うので説明しておきます。また、気になった呼び方もピックアップしてます。

矢射子→悠の「悠」
 「本当にいいの?悠以外の人として気が引けない?」
 (第71章「不思議遊戯」)

 矢射子が悠の名前を呼んでるのはここだけでした。レア!

矢射子→真白木の「真白木」
 「う~せっかく真白木との関係が誤解だってわかったのに…」
 (第49章「祭バカ日誌」)

 真白木のほうが1学年上でしたが真白木が留年したので同学年になってます。矢射子は基本的に名字読みですね。ここもレア!

あいす→矢射子の「矢射子」
 「この男 矢射子まで面白仲間に入れるつもり!?」
 (第81章「いとしさと切なさと心強さと」)

 あいすは普段「矢射子会長」、会長ではなくなってからは「矢射子先輩」と呼んでいます。ここでは心の声でしたが、読者の言葉の読みやすさやリズムを考えて、でしょうか。

あいす→真白木の「真白木先輩」
 「あなたと羽根つきするためよ 真白木先輩」
 (第71章「不思議遊戯」)
 
 名字のない間界人のクセで真白木のことも「宇月」とか「宇月先輩」って呼んでほしかった!(笑)

あいす→吉下の「吉下さん」
 「吉下さんの言ってたスキー場ってここの事だったのね」
 (第79章「遭難逆走族」)

 ここでも名字読みですね。多くの実界人と交流していくことで、下の名前で読むクセが抜けていったのでしょうか。

宏海→紋の「紋」
 「紋親衛隊のガードをはじき飛ばすとはッ!」
 「紋以外が立候補してたらヤバくなかったのか?」
 (第44章「奇行選挙動乱」)

 これら以外は「笛路」呼びでした。

小城→矢射子の「百手」
 「フフ…百手よ お前と阿久津をいい雰囲気にするわけにはいかないんだよ」
 (第51章「怪奇大作戦!」)
 
 これには今まで気付いていなかったので新鮮でした。小城と矢射子は同級生なんですよね。

温子→太臓の「太臓」
 「くらえッ!太臓ッ!半径2m 石枕スプラッシュをーー!」
 (第65章「ガンバレ男の子!」)

 これはパロディー元が「くらえッ!DIOッ!」なので、その雰囲気を出すためにあえて「太臓」呼びにしたのだと思います。

乾→太臓の「太臓くん」
 「太臓くん!?」
 (第12章「GOLDEN BOYS(後篇)」)
 
 乾は初登場で「太臓さん」と呼んでいますが、「太臓さん」「太臓くん」「太臓」に変わっていきます。

杉音→太臓の「太臓くん」「太臓さん」
 「た 太臓くん ムリしないで」
 (第12章「GOLDEN BOYS(後篇)」)
 「思えばあのとき太臓さんたちに相談して正解でした」
 (第30章「秘めちゃうのリボン」)
 「太臓さん うれしそうね」
 (第50章「怒りと水のタフネス」)
 
 これは乾と逆で、太臓への感謝の気持ちが強くなった結果でしょうか。

太臓→温子の「温子」
 「な…何ィー!?オレの温子を!?」「コラァ 温子!!」
 (外伝「~変人偏屈列伝~」)
 「温子!こんなやつ入れる事ねーぞ!!」
 (第85章「誘い☆野望ジョジョクラブ」)
 「紋も温子も千里も」
 (第87章「さよならは言わない」)
 
 太臓は「温子ちゃん」と呼んでるイメージが強かったのですが、結構「温子」と呼んでました。

太臓→木嶋の「メガネ」
 「お…お前は!! メガネ!!」
 (第27章「トラブるチョコレート」)
 「おまえはメガネ!!」
 (第44章「奇行選挙動乱」)
 「何すんだメガネ!」
 (第60章「アタック剣」)
 「なんだ ここ メガネの家かよ」
 (第62章「オバケがいくぞー」)
 
 太臓は木嶋のことを完全に「メガネ」と呼んでますね!太臓はドラクロワも「白髪ヤロー」「白髪野郎」と呼んでいるので、もてる男性は名前で呼ばないようです。

悠→吉下の「吉下」「千里」
 「吉下と同じ菓子が出てくるとは…」
 (第62章「オバケがいくぞー」)
 「2度も千里につっこみを許すなんて」
 (第81章「いとしさと切なさと心強さと」)
 
 「吉下」呼びのときは木嶋の前だったのであえて「吉下」と呼んだのかもしれません。

矢射子→矢射子の「私」
 「私の姿を象った特製お弁当」
 (第84章「カレシカノジョの事情」)
 ここ以外は「あたし」でした。

宏海→宏海の「俺」
 「バカ言うな 俺は男だぞ!」
 (第38章「奥様は魔法少女?」)
 ここ以外は「オレ」でした。このあたりは吹き出しの都合で一人称がいつもと違うのかもしれません。


表には入れていませんが、矢射子の母が矢射子を「矢射ちゃん」、太臓を「太(た)っくん」と呼んでるのが好きです。

見づらいですが、水色のファイルは縦に4つ繋がります。
横に足りなくなった分がピンクのファイルです。これも縦に2つ繋がります。

f:id:ikwhvdrm:20160103050943p:plainf:id:ikwhvdrm:20160103050951p:plainf:id:ikwhvdrm:20160103050959p:plainf:id:ikwhvdrm:20160103051010p:plainf:id:ikwhvdrm:20160103071133p:plainf:id:ikwhvdrm:20160103052015p:plain

「荒木先生訪問ルポ漫画 LANE BALL RUN」

魔法少女しげはる」、「荒木先生直撃インタビュー!!」と一緒に掲載された漫画です。

荒木先生へのインタビューを漫画にする予定だったのですが、なぜか荒木先生とのボウリング漫画になってしまったという楽しいルポ漫画です。

大亜門先生が心の中で「しまった!」と後悔したところとか、漫画にするととてもおもしろいのです。大亜門先生のルポ漫画はもっと読みたいです。

雑誌掲載時のアオリ

1ページ目
ラスト
  • E(インタビュー)ルポじゃなかったの!?主旨はズレたが、漫画家はいついかなる時も漫画家たれの精神だ!

f:id:ikwhvdrm:20150913042318j:plain

「魔法少女しげはる」

魔法少女しげはる」とは、大亜門先生の2007年の読切作品です。

普通の男子中学生が魔法少女になります。ウサ耳です。かわいいです。

一般的なバニースーツじゃないバニー姿の女性も出てきます。かわいいです。

2015年9月現在、コミックス未収録です。

雑誌掲載時のアオリ

1ページ目
トビラ
ラスト
  • 作者は大亜門だぞ!この程度で済むはずあるか!魔法少女しげはるの恥辱は続くぜ!

f:id:ikwhvdrm:20150913042133j:plain
f:id:ikwhvdrm:20150913042318j:plain
かわいいですね!

百科事典は難しい

某Web百科事典を編集していたら、「百科事典にふさわしくない」というタグを貼られることがあります。

例えば、「読切作品は単体でのページ作成は非推奨」と示されています。しかし、読切作品でも有名ならOK、百科事典に書くにふさわしい作品ならOK、とされています。

私は百科事典なら読切作品もすべて単体ページにする価値はあると思うのですが…。

また、読切作品は作者のページに書くように推奨されているのですが、読切が多い作者の場合、作者のページが読切の情報で埋まるやろ!と思ってしまいます…(笑)

百科事典に書けないことを、ブログに書いていこうと思います。